浅草 川松本店 鰻重 ~来週7/25は土用の丑の日ですよ~

こんばんわ!風太郎です。
皆さんの三連休はいかがでしたか?
(三連休じゃなかった方はお疲れ様でした)
風太郎はやりたいこと半分もできずに終わりました(´・ω・`)
特に大きなイベントもなかったわけですが、三連休の締めってことで、
豪華に鰻重を食べてきました✨(`・ω・´)
浅草 川松(本店)鰻重 上 3,700円 + ビール 中瓶
20170717_川松_鰻重
川松さんは創業明治6年の老舗。
雷門から田原町へ10軒目。創業以来ずっとこの地で商売を続けているお店です。
名物の鰻をはじめ季節のお料理など下町らしい雰囲気を楽しめます。
本館・別館があり、確か別館の方は入ったことがあったはず。
メニューはこんな感じです。
20170717_川松_メニュー
吉野家の鰻重と値段が全然チガーウ( ゚Д゚)
「吉野家 の 鰻重肝吸いセット 一枚盛 860円」
吉野家鰻重の記事 (吉野家でちょっと贅沢気分♪吉野家の鰻重♪)
いや、めちゃくちゃ美味かったのですが、「吉野家のコスパ」はすごいなぁと改めて思いました。
「国産ウナギ」と「中国産ウナギ」なので比べる土俵が違いますがね。。。
そうそう、えたばりゅさんの昨日の記事で、「ウナギに毒がある」って書いてあったので少しビビってた風太郎でした。
ウナギの血液に含まれるイクチオヘモトキシンというたんぱく質毒があるようで、加熱処理すして通常食べる分には問題ないらしくて安心しました(*´▽`*)

(えたばりゅさん 勝手に引用させていただきました)
来週には、「土用の丑の日」というウナギを食べる日があるらしいですね。
あまりそういうことに興味がない(食べたいときに食べたいモノを食べる)スタイルなのですが、せっかくなので「土用の丑の日」をググってみました。
■土用の丑の日とは
「土用丑の日」って夏のイメージが強いですが、春夏秋冬に存在します。
「土用」 ⇒ 四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前、18日(または19日)の期間のことを言います。
「丑の日」 ⇒ 日にちを数える時にも、十二支が使われますが「子、丑、寅、兎・・・」、その「丑」の日のことを指します。
と、「土用」・「丑の日」それぞれ意味があり、それが重なる、四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前、18日(または19日)の期間中で 「丑の日」が、「土用の丑の日」になるのですね。
2017年は、1月26日(木)、4月20日(木)、5月2日(火)、7月25日(火)、8月6日(日)、10月29日(日) が「土用の丑の日」となります。
今年の夏は、7月25日(火)、8月6日(日) の二回 「土用の丑の日」があるのです!(`・ω・´)
■なぜ土用の丑の日にウナギを食べるのか
由来については諸説あるようなのですが、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という風習があったようで、ウナギの他にも、うどん・梅・ウマ・・・・などを食べる風習もあったようです。
その中、ウナギを食べる習慣が一般に広まったのは1700年代後半、江戸時代のこと。
ウナギの旬は「夏」ではなく「冬」なで、「夏に売り上げが落ちる」と鰻屋から相談を受けた蘭学者の平賀源内が、店先に「本日丑の日」と貼り出したのがはじまりだと伝わっています。この貼り紙によってウナギが売れ、ほかのウナギ屋もマネして広まっていったとか。
■ウナギの効果
そういった、微妙な由来の 「土用の丑の日にウナギを食べる習慣」ですが、実際ウナギには 「ビタミンA」や「ビタミンB」 群など、疲労回復や食欲増進に効果的な成分が多く含まれています。 夏バテ防止にはピッタリの食材いえるでしょう。
風太郎も、鰻重を食べて明日から頑張れそうな気になってます☆
ヤルキマーンマーンですヽ(`・ω・´)ノ
皆さんもウナギを食べて夏バテ対策しましょう↑↑(*´▽`*)

 ➡ 楽天市場でウナギを探す
➡ アマゾンでウナギを探す


ちなみに今日の昼飯はカップ麺にしてしまいました。
エースコック
スーパーカップ1.5倍 ブタキムラーメン(コンビニ限定)
20170717_昼_カップ麺



ランキングに参加しています。ポチッとしてもらえると嬉しいです。
(Ctrl押しながら押していただけるとスムーズです)

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 猫山風太郎 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >チョロぴょん
    ぇ,そこ?(;´Д`)
    いやぁ、そりゃぁ、もうすーんごいやつ食べるよ!