ヒアリ猛進!東京港で新たに100匹以上確認( ゚Д゚)コワイコワィ。落ち着いて対処しましょう。

こんばんわ。
酔っ払いの風太郎です(`・ω・´)
今日は二次会に行かず真直ぐ帰ってきました。(*´▽`*)エライエライ
と、いうことで、今日は コンビニ弁当は食べてません(´・ω・`)


今日はノープランのまま、「新しく日記を書く」のボタンを押してしまったので、何を書こうか検討中。
・・・・・・・んn、、。、。。
よし、今日は今ホットな「ヒアリ」について書くことにしよう!
6/9.兵庫県尼崎でコンテナで集団を発され、その後も、横浜、名古屋、大阪、神戸、博多、那覇、、、、色んなところで発見されている「ヒアリ」。
そもそも今まで気づいてなかっただけじゃないのー?
なんてことは気にせず、今話題の「ヒアリ」について調べてみました。


■ヒアリとは
南米中部原産のアリで、体長 2.5-6㍉ で全体的に赤茶色をしており、お腹の部分が黒色のアリです。
20170708_ヒアリ
「ヒアリ」が怖いのは、毒性の強い毒針を持っており、人によってはアレルギー反応「アナフィラキシーショック」で死ぬ可能性もあるということ。(可能性です)
メディアでは少々誇張されている場合いもありますが、100%死ぬ訳ではありません。
それでも、人によって違ってきますが、ヒアリにさされると、火傷のような痛みがあります。(>д<)
軽度症状では、痛みやかゆみ、じんましんや湿疹・水疱の発生、重度になるとアレルギー症状が発生し、反応「アナフィラキシーショック」で死ぬ可能性もあります。
ヒアリにさされる=死ぬではないので、そこは誤った知識を持っちゃうといけませんが、ちゃんと「ヒアリ」については知って置くことは重要です。
ヒアリについて色々ググってみましたが、「環境省」で発表されている情報が一番信用できそうですかね。
環境省のリンクはこちらです ➡ 環境省「ヒアリに関する諸情報について」
ここから色んな情報を入手しておくのも必要ですね。
アナフィラキシーショック
上記に出てきた、「アナフィラキシーショック」。これは、アレルゲン(食物や毒)により、極めて短い時間のうちに全身性にアレルギー症状が出る反応のことをいいます。
「ハチの毒針」にさされた時に起こる、っているのも有名ですね。
その他にも、医薬品や食品などによって発症する人もいます。
アナフィラキシーショックによる死亡例の統計を見ると、最も多いのは「医薬品」の42%。
その次に「ハチ刺傷」が34%、「食物」によるものは5%と続きます。
「アナフィラキシーショックで死亡」というのは、ハチの毒だけで起こるものじゃぁないんですねぇ~
■ヒアリの対策方法
100%死ぬ訳では無いといっても、人によっては「アナフィラキシーショック」を起こすヒアリの毒。
環境省で推奨されている家庭での対策方法は、「フィプロニル」という成分を含む市販のアリ用殺虫餌が効果的なようです。
一般的に市販されている、「アース製薬 アリの巣コロリ」や「KINCHO コンバット」が、それに当たります。
アース製薬 アリの巣コロリ

➡楽天市場で購入
➡アマゾンで購入

➡楽天市場で購入
➡アマゾンで購入

と、記事書いてたらいつの間にかこんな時間になってしまいました。
皆さんおやすみなさ~い Zz(´-ω-`*)φ




ランキングに参加しています。ポチッとしてもらえると嬉しいです。
(Ctrl押しながら押していただけるとスムーズです)

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. チョロぴょん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは♪
    今日はノープランのまま→これね一瞬見た時ね
    ノーブラ!に見えましたぁ( ̄▽ ̄;)アハハ…
    てか・・・虫だめ~~無理wアリでも(。>へ<)いやぁ~

  2. 猫山風太郎 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >チョロぴょん
    おはよぉ!
    もちろん毎日「ノーブラ」で書いてるよ((´∀`))
    普通のアリならまだいいけど、「ヒアリ」は怖いねぇ~